ノスタルジックな風俗店

風俗では自分が出せると思う

風俗では…というか、むしろ風俗だけでしか自分というものを出せないような気がするんですよね。本当はもっといろんな形で自分のことを出したいって気持ちはあるんです。でも、会社とかだと自分を出すと組織から逸脱しているとか、真面目にやれとかまさに「出る杭は打たれる」じゃないですけど、あまり評価をされないどころか、むしろ何をしているんだ…みたいな印象を持たれてしまうこともありますよね。こっちからすれば本当に真面目に頑張っているつもりなんですけど、相手にとってはそうは見えていないケースも結構あるみたいなんですよ。だからあまり自己主張しないよう気を付けているんです。でも風俗では自分が楽しみたいって思っていることを楽しめるし、そのための自己主張も別にあれこれ言われるようなこともないですしね。だからこそ、とっても楽っていうのはありますよね。ありのままの自分というか、余計なことに気を使うでもなく、自分の本能の赴くままに楽しめるんです。

スーツの方が気を使わないですしね

会社帰りに風俗に立ち寄るケースが多いですね。休日はあんまり外に出たくないタイプなんです。家でゴロゴロしていたいタイプなのもあるので、用事は出来る限り仕事がある時に済ませておきたいタイプなんですよ。ましてや最近会社内でも残業の時間が定められたりして、仕事帰りの時間が割と余裕があるんですよ。だから風俗にも余裕を持って行けるようになりましたし、それに会社帰りの方がこっちもスーツなので、それでいいかなって気持ちもあるんですよね。会社が無い日だと私服で行くことになるじゃないですか。私服だと、何を着て行けばよいのか分かりません(苦笑)オシャレのセンスなんてほとんどありませんので、自分がどうすれば良いのか全然分からないんですよ。それよりは、スーツならプラスの印象にならないかもしれませんけど、当たり前のものなのでマイナスの印象を与えることにはならないんじゃないかなって思うので、風俗はスーツで行くようにしています。