ノスタルジックな風俗店

やっぱり面白い世界だと思う

風俗という世界は、やっぱり単純に考えて面白い世界だなってことは思いますよね。いろいろな世界観があると思うんです。そして、その中から自分で選ぶことが出来るじゃないですか。それが大きいんですよ。相手から強制されるとか、お店側から勝手に押し付けられるのではなくて、風俗では選択肢のイニシアティブはすべてお客にあるんです。フリーの時は別ですけど、指名するってことは自分の好きな子を選ぶことが出来るってことなんですよね。つまりは肉体的な快感だけじゃなく、「女の子を選ぶ」ということでプライドが満たされるって人もいるんじゃないかなって思うんですよ。それだけに、風俗では自分がいろいろなことを考えるのは当たり前なんですけど、基本的には自分側に主導権があるので、自分次第でいろいろなことを楽しめるようになるんじゃないかなって。それこそが何よりも大きなメリットになってくれるのが風俗という世界観なんじゃないかなって思いますよ。

この前思ったことがあるんですよ

この前の風俗で思ったことがあるんです。それは、自分はアンダーヘアフェチなのかもしれないなって。前回の風俗嬢はアンダーヘアを手入れしていなかったんです。今時珍しいんじゃないですかね。彼女も言っていましたけど、そもそもあまり体毛が濃い子ではないので処理の必要性もないんでしょうね。処理をしていないとは言ってもそこまでジャングルではなかったんですけど、ナチュラルでそそられました。だからか、かなり注意が向きましたね。それで自分はもしかしたらアンダーヘアフェチなのかもしれないなって思ったんですよ。それまでの風俗嬢はアンダーヘアを処理しているので、そこまでそそられなかったのかもしれませんけど、処理されているアンダーヘアを見たら、自分自身これは素晴らしいものだなってことに気付かされたんですよね。さすがにホームページにはアンダーヘアの形状までは明記されていませんので処理していない風俗嬢だけを狙うのは難しいですが(笑)