ノスタルジックな風俗店

喜ぶポイントは自分でも分からない

男としてどの部分に満足出来るのかは、正直な所、自分でもよく分からないんですよね。それくらい風俗っていろいろなものがあると思うんですよ。女の子もたくさんいますし、人によって全然違うんですよね。ジャンルによって大枠が決まっていますけど、そこから風俗嬢の個性によって微妙に変わるじゃないですか。それがまた楽しさでもあるんですよね。それに、自分自身のその日の気分の問題もあると思うんですよ。だからどういったポイントで自分が楽しいなって思うのかは、正直な所分からないんですよね(笑)自分自身でも何に反応するのか分からないって言うのが本音だったりしますし(笑)だからこそ、風俗では自分でもあまり力まず、そして先入観を持たずに楽しめれば良いなってスタンスなんですよ。実際に会ってみないとどんな展開がまっているのかは本当に分かりません。だからどんな楽しみが待っているのかも自分なりに楽しむようにしつつ、満喫しています。

美人で緊張するのは男の性です

美人風俗嬢を目の前にすると、自分で選んでおきながらもやっぱり緊張というか、どうしても普通の状態ではいられないのも仕方ないんじゃないかなって思いますけどね。こればかりは誰のせいとかそういった話じゃなく、仕方ないものなんじゃないかなって思うんですよ。実際、自分もそうなんですけどホームページで美人風俗嬢を探すじゃないですか。見つけて指名してご対面して緊張するんです(笑)まさにマッチポンプだろうって思われるかもしれないんですけど、でもそれはそれで男としての幸せでもあると思うんですよ。仕事での緊張は全然幸せじゃないですけど、美人を前にしての緊張はある意味男としての幸せでもあるんじゃないかなって。それだけの相手と遊べるってことじゃないですか。まさに非日常ですよね。普通はそうそう出来ないことを楽しめているって点では、これ以上面白いこともないんじゃないかなって思うので、自分なりにいろいろなことを考えつつ楽しんでいます。